• 営業案内
  • 国際複合輸送業
  • 流通加工業
  • 港湾運送業
  • 通関業
  • 倉庫業務
  • 航空貨物業務

航空貨物業務

ここでは海上輸送と並ぶもう一つの国際物流サービス = 航空貨物輸送サービスを紹介します。

国際航空貨物輸送サービスはこのような場合に最適です。

・海外へ荷物を輸出したいが船で送る程の量ではない。
・客先から至急サンプルを送って欲しいとのオーダーが入った。
・船で輸出(輸入)する予定だったが、トラブルが発生しこのままでは納期に間に合わない。

このような極少量、急ぎの案件の場合には航空貨物輸送サービスが最適です。
当社では、全国にまたがる提携業者と連携して、お客様の要望にお答えします。

輸出の流れ


弊社指定倉庫へ直接荷物を送付します。
また、荷主様からご依頼を頂き、集荷に伺うこともできます。
(集荷地域についてはお問い合わせ下さい)。

各空港の取扱倉庫へ荷物を搬入します。
その際、外装、個数など異常がないか確認します。

お客様から頂いた書類を元に輸出申告を行います。
申告時には書類審査、現品検査など行われることがあります。

輸出許可後、事前に予約しておいた
航空会社の上屋へ搬入します。
輸出許可後AWB(Air Way Bill)が発行されます。

旅客便、貨物便の予定時刻にフライトします。

現地到着後AWBのCONSIGNEEに対し、
現地航空代理店より到着案内がアナウンスされます。

CONSIGNEEの指定通関業者により輸入申告・通関が行われます。

輸入許可後、CONSIGNEEの指示により引取、配送されます。

*現地輸入通関→配送までの一貫輸送を
ご希望場合は事前にお問い合わせ下さい。

*現地輸入通関→配送までの一貫輸送をご希望場合は事前にお問い合わせ下さい。

1日目 貨物の集荷、発送手配
2日目 貨物到着→輸出通関
3日目〜 フライト→現地飛行場到着 ※1

※1 (目的地によりフライトのスケジュール、到着時間は異なります)


現地SHIPPERよりAWBコピー、INVOICE、PACKING LISTなどの
書類を取得します。

AWBの記載情報を元に航空機の名称、到着場所、到着時間などを
確認します。

航空機到着後、貨物(外装、個数など)
が確認でき次第、御客様から頂いた
書類を元に輸入申告を行います。
申告時には書類審査、現品検査など
行われることがあります。


輸入許可後、直ちに国内配送網に載せ、デリバリーします。

エンドユーザーへ配送されます。
1日目 現地出発、書類の取得(AWB, INVOICE, PACKING LISTなど)
2日目 日本到着→輸入通関→発送手配 ※1
3日目〜 貨物到着

※1 (発送時刻は到着時刻、通関にかかる時間に左右されます)

メリット

・極少量であれば海上貨物より安価
・リードタイムの短縮
・AWB管理の為貨物の追跡が容易

デメリット

・コスト高
重量物、かさの大きな物は運賃が割高
航空貨物 = 1KGSごとに課金、また容積重量を採用(1立方メートル = 166.66KGS)
・スケジュールの管理
旅客便などでは当日の搭載状況によって直前に搭載をキャンセルされることがある。

Copyright © 2008 GOYO KOUN CO., LTD. All Rights Reserved.